Lots of birds

 いつものように棚を整理していると、もうしばらく疎遠になってる友人から借りたCDやDVDが出てきた。

 ちょっと気まずい感じで会わなくなった人なのでどうしたものかと思ったが、とりあえずLINEで連絡をとってみる。

 彼女はとても繊細な人なので返事は帰ってこないかなと思っていたが、以外にも明るい文体で、こちらのことをとても懐かしんでくれてるような返事だったのでとりあえず安心した。


 明日は澁谷さんとのライブなので「大阪のよく立ち寄るお店に預けとくよ」と伝えると、丁度到着の時間帯に大阪の某スタジオでリハーサルしてるというので、少し早めに家を出て届けに行った。

 スタジオへ着くと前に間借りでお好み焼き屋を営んでいたときにたまに来ていたお客さんに遭遇。懐かしいなと思い声をかけ一言三言話したが名前は思い出せず。。


 件の友人にも久しぶりに会い、とても元気そうだったが、リハ直前だったので荷物だけ渡してこちらも一言三言話しただけでスタジオを後にした。


 開場へは一番乗りで着いた。サウンドチェックでyumboのいちばん好きな曲で悪魔の唄を、こればっかりは間違わないようにしたかったのでずっと練習していたが、当日は演らないとのことで少しがっかりした。


 この日は映像作家の福原さんの作品を上映されたのだが、これがとても素晴らしい記録映画だった。主に澁谷さんの今回のアルバムの歌詞についてのインタヴューで構成されるものだったが、車窓から見える景色や日常の何気ない風景など、未だに記憶に残る映像が沢山挟み込まれていた。


 このアルバムでの澁谷さんの歌詞にはそれぞれ主人公となる人物が居るようで、いずれももう会わなくなった(会えなくなった)人たちの唄だというのが判明する。


 自分自身、もう会えなくなった友人のことをたまに思い出したりする。会わないことよって逆に親近感が増すこともあるのかもしれない。


 よくライブに来てくれるお客さんに映画の感想を尋ねると、以外にもその人にとってはキツイ内容だったとのことで、やはり同じように会わなくなった友人のことを思い出して辛いとのことだった。人にはそれぞれの想いがある。それと同時に、このアルバムの歌詞が全編なぜ英語で歌われている理由も分かった気がした。勝手な推測だけど日本語だと重すぎるのだ。


 タイトル曲のLots of birdsの主人公の自宅の庭先には沢山の鳥籠があり、籠の中には一羽ずつ鳥が居る。アルバムの曲たちはその鳥籠一つ一つのようにも感じた。


 当日はこれまたもうしばらく会ってない友人達と会った。なので自分にとってはとても象徴的な日でだった。


 演奏は直前まで譜面アプリを書き直したり、入念に本番にそなえたつもりだったが、なかなかガタガタの演奏で聴きに来てくれた人たちに申し訳なかった。そのうちまた一緒に演奏出来る機会があればなと思う。


 

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

しばらくは失業保険で食い繋がなくてはならないのだが、失業保険が降りるのは約2ヶ月先とのことなのでそれまでをなんとか食い繋がなければならない。 勤めを辞めると当然その代わりになる金策が必要なのでいろいろアタマを捻る。 一応ミュージシャンの端くれなのだから、とりあえず今まで避けてきた作曲というものに取り掛かかる。食い繋がなくてはならないので必死だ。お金の為なら作曲でもなんでもするぞと、順番が逆ではある

SNSを眺めていると、砂漠化した街でひとりレコード屋を営む友人がなかなか険しい生活を強いられているみたいなので、2週間後のプチツアーの帰りに店内ライブでもして盛り上げようと思い連絡をしてみた。 心の底では面倒臭いのかもしれないが、こういう事を振ってみるとまず断らないのは分かっている。 相当大変そうなのがそのやさぐれた口調から汲み取れる。向こうからしたらたぶん私のような軽々しい人間はあまり善く思われ

収入は勿論あるわけないので、持ち物を換金していくしかないのだが、レコードやCDならまだまだ少しは残っていて、その中でも価値の付きそうなものから手放すことにした。 Discogsでアカウントを作り、手元に残っていたレコードを売りさばく。 その中でも自分が子供の頃(16歳ごろ)にリリースしたEP(勿論アナログ盤)が高騰しているので先ずはこれを手放すことにした。聴きたくなったら「誰か貸してくれ〜」とか呟