砂漠


 SNSを眺めていると、砂漠化した街でひとりレコード屋を営む友人がなかなか険しい生活を強いられているみたいなので、2週間後のプチツアーの帰りに店内ライブでもして盛り上げようと思い連絡をしてみた。


 心の底では面倒臭いのかもしれないが、こういう事を振ってみるとまず断らないのは分かっている。


 相当大変そうなのがそのやさぐれた口調から汲み取れる。向こうからしたらたぶん私のような軽々しい人間はあまり善く思われてないんだろうけども、「ここまで来たらもう最後まで行くっしょ」という考え方がお互い共通しているので、こちらとしては妙な信頼感がある。


 で、話は進む途中から店主のアイデアで共演者の候補が上がって大いに盛り上がって来たのも束の間、候補から連絡来ず、同時にツアーの主役のスケジュールがかつかつになってしまうのを懸念し始めて段々クールダウンしていった。


 そこから散々無駄話をケータイのSMSで繰り広げて行くわけだが、何がどう進んで行ったのか自分でも記憶にないが、持ち前の躁状態のテンションで新たな共演者が決まり、そこから発展してまた新たな共演者が決まり、そこから何故かその店の通販部門を委託されることになった。

 リスクはあるのかないのか知らないが、話が予期せぬ方向に進むとこちらもワクワクするのでこのまま乗ってみる。


 あとは日曜日のライブの練習をした。

澁谷さんの曲はどれも本当に素晴らしい。頂いた譜面のコードはどれも分数がやたらと多い。

 僕はデュオでやる場合は分数表記は何がなんでも分母から積み上げたコード名に変換する。場合によってはとてもイビツなネーミングになってしまう。

 分数で表記する作曲者の意図とは、要するに分母と分子の織りなすハーモニーなので、その辺も汲み取りながらとりあえずは一つのコードに変換。

 これをやっとかないと個人的に大変なことになる。

 

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

案の定といいましょうか、ブログ更新の日が開いて記憶が薄れてきた。 そんなこんなでレコーディングも進み、自分のパートの録り直しはまた改めてとなり、最終日はコーラス録りの日に当てられましたが、まさかの井手くんがダブルブッキングで、松本にいるとの連絡が入り場内騒然である。思い返せば上京前日までスタジオの名前も場所も開始時間も知らされておらず、こちらが尋ねて初めて知ったくらいだから、ショウタと井手くんのタ

福田邸からおよそ2時間でスタジオ到着。メンバーと再会。 さっそくセッティング。ブースが5つあるので一発録りで進めることに。 エンジニアはドライ&ヘビーやリトルテンポの内田さん。ものごしが柔らかくとっつきやすい方で安心。 最近はペダルスチールのダビングを依頼されても自宅で自分で録って納品というパターンが多く、その内訳も10テイクぐらい録ってその中から良い部分を抜粋しそれをまたコピーして2テイクぐらい

しばらく更新しないうちに新規ブログを投稿する方法まで忘れてしまって老いを感じる。 まめに更新できる人が羨ましいね。 さて9・11。金はないが時間はあるということで下道でトコトコ東京まで。 以前は月一で上京していて経費節約でたまに下道で上京していたが、だいたい10時間もあれば着けるかな? もうなれちゃってさほど苦でもない。 前日の22時頃に出発し、Sweet Dream Press福田さん宅へ到着し