砂漠


 SNSを眺めていると、砂漠化した街でひとりレコード屋を営む友人がなかなか険しい生活を強いられているみたいなので、2週間後のプチツアーの帰りに店内ライブでもして盛り上げようと思い連絡をしてみた。


 心の底では面倒臭いのかもしれないが、こういう事を振ってみるとまず断らないのは分かっている。


 相当大変そうなのがそのやさぐれた口調から汲み取れる。向こうからしたらたぶん私のような軽々しい人間はあまり善く思われてないんだろうけども、「ここまで来たらもう最後まで行くっしょ」という考え方がお互い共通しているので、こちらとしては妙な信頼感がある。


 で、話は進む途中から店主のアイデアで共演者の候補が上がって大いに盛り上がって来たのも束の間、候補から連絡来ず、同時にツアーの主役のスケジュールがかつかつになってしまうのを懸念し始めて段々クールダウンしていった。


 そこから散々無駄話をケータイのSMSで繰り広げて行くわけだが、何がどう進んで行ったのか自分でも記憶にないが、持ち前の躁状態のテンションで新たな共演者が決まり、そこから発展してまた新たな共演者が決まり、そこから何故かその店の通販部門を委託されることになった。

 リスクはあるのかないのか知らないが、話が予期せぬ方向に進むとこちらもワクワクするのでこのまま乗ってみる。


 あとは日曜日のライブの練習をした。

澁谷さんの曲はどれも本当に素晴らしい。頂いた譜面のコードはどれも分数がやたらと多い。

 僕はデュオでやる場合は分数表記は何がなんでも分母から積み上げたコード名に変換する。場合によってはとてもイビツなネーミングになってしまう。

 分数で表記する作曲者の意図とは、要するに分母と分子の織りなすハーモニーなので、その辺も汲み取りながらとりあえずは一つのコードに変換。

 これをやっとかないと個人的に大変なことになる。

 

閲覧数:2回0件のコメント

最新記事

すべて表示

しばらくは失業保険で食い繋がなくてはならないのだが、失業保険が降りるのは約2ヶ月先とのことなのでそれまでをなんとか食い繋がなければならない。 勤めを辞めると当然その代わりになる金策が必要なのでいろいろアタマを捻る。 一応ミュージシャンの端くれなのだから、とりあえず今まで避けてきた作曲というものに取り掛かかる。食い繋がなくてはならないので必死だ。お金の為なら作曲でもなんでもするぞと、順番が逆ではある

いつものように棚を整理していると、もうしばらく疎遠になってる友人から借りたCDやDVDが出てきた。 ちょっと気まずい感じで会わなくなった人なのでどうしたものかと思ったが、とりあえずLINEで連絡をとってみる。 彼女はとても繊細な人なので返事は帰ってこないかなと思っていたが、以外にも明るい文体で、こちらのことをとても懐かしんでくれてるような返事だったのでとりあえず安心した。 明日は澁谷さんとのライブ

収入は勿論あるわけないので、持ち物を換金していくしかないのだが、レコードやCDならまだまだ少しは残っていて、その中でも価値の付きそうなものから手放すことにした。 Discogsでアカウントを作り、手元に残っていたレコードを売りさばく。 その中でも自分が子供の頃(16歳ごろ)にリリースしたEP(勿論アナログ盤)が高騰しているので先ずはこれを手放すことにした。聴きたくなったら「誰か貸してくれ〜」とか呟