小商


 収入は勿論あるわけないので、持ち物を換金していくしかないのだが、レコードやCDならまだまだ少しは残っていて、その中でも価値の付きそうなものから手放すことにした。

 Discogsでアカウントを作り、手元に残っていたレコードを売りさばく。

 

 その中でも自分が子供の頃(16歳ごろ)にリリースしたEP(勿論アナログ盤)が高騰しているので先ずはこれを手放すことにした。聴きたくなったら「誰か貸してくれ〜」とか呟けば一人ぐらい聴かせてくれるだろう。本人が言ってるんだから。

 出品するや秒速で買い手が付いた。日本円で3万円だった。世の中には物好きが要るもんだなと思ったがとても助かる。


 買い手はトムというアメリカ人だが、私の地元の広島のパンクシーンにとても詳しいヤツだった。随分と質問攻めに合い、売ったレコードも「金に困って泣く泣く手放すんだよ」と言うと「オー、ソーリー、俺も今までに何度かそんな目に合ってきたから気持ちは分かるよ」となんともアメリカ人らしい気遣いを受けた。


 それから約2週間が経ち、各地から商品が無事届いたとの連絡。

値段を吹っかけてる手前、なんだか申し訳なく、オマケを追同封してしまうのだけど、それがなかなか喜ばれて良いフィードバックが返ってくる。


 一体何をやっているのか? と自分でも思うが、オークションよりはコレクター同士の交流があって面白い世界だなと思う。英語の勉強にもなる。


 しばらくはこんな感じで凌いで行くしかない。




閲覧数:10回0件のコメント

最新記事

すべて表示

案の定といいましょうか、ブログ更新の日が開いて記憶が薄れてきた。 そんなこんなでレコーディングも進み、自分のパートの録り直しはまた改めてとなり、最終日はコーラス録りの日に当てられましたが、まさかの井手くんがダブルブッキングで、松本にいるとの連絡が入り場内騒然である。思い返せば上京前日までスタジオの名前も場所も開始時間も知らされておらず、こちらが尋ねて初めて知ったくらいだから、ショウタと井手くんのタ

福田邸からおよそ2時間でスタジオ到着。メンバーと再会。 さっそくセッティング。ブースが5つあるので一発録りで進めることに。 エンジニアはドライ&ヘビーやリトルテンポの内田さん。ものごしが柔らかくとっつきやすい方で安心。 最近はペダルスチールのダビングを依頼されても自宅で自分で録って納品というパターンが多く、その内訳も10テイクぐらい録ってその中から良い部分を抜粋しそれをまたコピーして2テイクぐらい

しばらく更新しないうちに新規ブログを投稿する方法まで忘れてしまって老いを感じる。 まめに更新できる人が羨ましいね。 さて9・11。金はないが時間はあるということで下道でトコトコ東京まで。 以前は月一で上京していて経費節約でたまに下道で上京していたが、だいたい10時間もあれば着けるかな? もうなれちゃってさほど苦でもない。 前日の22時頃に出発し、Sweet Dream Press福田さん宅へ到着し