小商


 収入は勿論あるわけないので、持ち物を換金していくしかないのだが、レコードやCDならまだまだ少しは残っていて、その中でも価値の付きそうなものから手放すことにした。

 Discogsでアカウントを作り、手元に残っていたレコードを売りさばく。

 

 その中でも自分が子供の頃(16歳ごろ)にリリースしたEP(勿論アナログ盤)が高騰しているので先ずはこれを手放すことにした。聴きたくなったら「誰か貸してくれ〜」とか呟けば一人ぐらい聴かせてくれるだろう。本人が言ってるんだから。

 出品するや秒速で買い手が付いた。日本円で3万円だった。世の中には物好きが要るもんだなと思ったがとても助かる。


 買い手はトムというアメリカ人だが、私の地元の広島のパンクシーンにとても詳しいヤツだった。随分と質問攻めに合い、売ったレコードも「金に困って泣く泣く手放すんだよ」と言うと「オー、ソーリー、俺も今までに何度かそんな目に合ってきたから気持ちは分かるよ」となんともアメリカ人らしい気遣いを受けた。


 それから約2週間が経ち、各地から商品が無事届いたとの連絡。

値段を吹っかけてる手前、なんだか申し訳なく、オマケを追同封してしまうのだけど、それがなかなか喜ばれて良いフィードバックが返ってくる。


 一体何をやっているのか? と自分でも思うが、オークションよりはコレクター同士の交流があって面白い世界だなと思う。英語の勉強にもなる。


 しばらくはこんな感じで凌いで行くしかない。




閲覧数:7回0件のコメント

最新記事

すべて表示

しばらくは失業保険で食い繋がなくてはならないのだが、失業保険が降りるのは約2ヶ月先とのことなのでそれまでをなんとか食い繋がなければならない。 勤めを辞めると当然その代わりになる金策が必要なのでいろいろアタマを捻る。 一応ミュージシャンの端くれなのだから、とりあえず今まで避けてきた作曲というものに取り掛かかる。食い繋がなくてはならないので必死だ。お金の為なら作曲でもなんでもするぞと、順番が逆ではある

いつものように棚を整理していると、もうしばらく疎遠になってる友人から借りたCDやDVDが出てきた。 ちょっと気まずい感じで会わなくなった人なのでどうしたものかと思ったが、とりあえずLINEで連絡をとってみる。 彼女はとても繊細な人なので返事は帰ってこないかなと思っていたが、以外にも明るい文体で、こちらのことをとても懐かしんでくれてるような返事だったのでとりあえず安心した。 明日は澁谷さんとのライブ

SNSを眺めていると、砂漠化した街でひとりレコード屋を営む友人がなかなか険しい生活を強いられているみたいなので、2週間後のプチツアーの帰りに店内ライブでもして盛り上げようと思い連絡をしてみた。 心の底では面倒臭いのかもしれないが、こういう事を振ってみるとまず断らないのは分かっている。 相当大変そうなのがそのやさぐれた口調から汲み取れる。向こうからしたらたぶん私のような軽々しい人間はあまり善く思われ