9/13 rec初日

福田邸からおよそ2時間でスタジオ到着。メンバーと再会。

さっそくセッティング。ブースが5つあるので一発録りで進めることに。

エンジニアはドライ&ヘビーやリトルテンポの内田さん。ものごしが柔らかくとっつきやすい方で安心。

最近はペダルスチールのダビングを依頼されても自宅で自分で録って納品というパターンが多く、その内訳も10テイクぐらい録ってその中から良い部分を抜粋しそれをまたコピーして2テイクぐらいでキメる、という悠長なやり方だったのでレコーディングでの現場力が格段に落ちていた。

で、早速録り音のチェック。素晴らしい。

プレイバックの時点でもうすでに最高音響。試し録りでたいして気合も入ってない演奏も素晴らしく聴こえる。

最近は個人的な録音を自宅でやっていても感じるのだが、もはや自分は何を弾いても音楽になる、ぐらいの万能感が脳内を支配した。


福田邸に帰宅。

早速寝付けず、仕方がないのでキッチンの換気扇の灯りの元、ラフミックスをチェック。万能感は一気に崩れ去る。

iphoneの純正ヘッドホンから聴こえる自分の演奏のしょうもなさに閉口する。

あの万能感はスタジオの最高級ラージモニター(ムジーク)のなせる業だった。

ガンガン凹みながら友人に別件でメール。思いの他文体も謙虚である。この時点ですでに22時間起きているが数時間後にそなえて就寝。

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

案の定といいましょうか、ブログ更新の日が開いて記憶が薄れてきた。 そんなこんなでレコーディングも進み、自分のパートの録り直しはまた改めてとなり、最終日はコーラス録りの日に当てられましたが、まさかの井手くんがダブルブッキングで、松本にいるとの連絡が入り場内騒然である。思い返せば上京前日までスタジオの名前も場所も開始時間も知らされておらず、こちらが尋ねて初めて知ったくらいだから、ショウタと井手くんのタ

しばらく更新しないうちに新規ブログを投稿する方法まで忘れてしまって老いを感じる。 まめに更新できる人が羨ましいね。 さて9・11。金はないが時間はあるということで下道でトコトコ東京まで。 以前は月一で上京していて経費節約でたまに下道で上京していたが、だいたい10時間もあれば着けるかな? もうなれちゃってさほど苦でもない。 前日の22時頃に出発し、Sweet Dream Press福田さん宅へ到着し

しばらくは失業保険で食い繋がなくてはならないのだが、失業保険が降りるのは約2ヶ月先とのことなのでそれまでをなんとか食い繋がなければならない。 勤めを辞めると当然その代わりになる金策が必要なのでいろいろアタマを捻る。 一応ミュージシャンの端くれなのだから、とりあえず今まで避けてきた作曲というものに取り掛かかる。食い繋がなくてはならないので必死だ。お金の為なら作曲でもなんでもするぞと、順番が逆ではある