• ztommots

不良ジャンゴとC6(その2)

更新日:6月7日


 その1の最後に添付した3つのコードを使ってOver the Rainbowのコードを探ります。

 と言っても見るのがいちばん早い。まずは市販のタブ譜を書き写したものがこちら。↓

 まずは上記の譜面↑でテーマを弾けるように頑張る。


 そして、こちら↓が前回の3つのコードを使ったコード譜。

 これは実際に教室の授業で使ってたテキストなんだけど、7thコードのところは半音上のディミニッシュコードを使って代用している(コンディミというやつですね)。ディミニッシコードは短3度で平行移動させても同じスケール内の音になるので、さらにポジションの選択肢が増えます。


 先に挙げた市販のタブ譜のメロディーと、この僕が作ったコード譜(もしくはそれのアルペジオ)、そしてこの曲のキーはE♭なので、E♭のメジャースケール、この3つを駆使してソロ演奏を構築することが可能になる。我々不良はこんな感じで作業を短縮化するしかない。なんやらスケールとかそんなのを暗記している暇などないのだ。(なんやらスケールは暇なときに酒のつまみがてら弾いて覚える)


 見本演奏を載せたいのですが、アップの仕方が分からないので、調べて近日中にまた貼っておくのらー。

 

閲覧数:16回0件のコメント

最新記事

すべて表示

今日は朝から不動産屋と役所へ。(引っ越し案件ではない) 相変わらず断捨離の鬼と化し、メルカリへ写真集などをザバーっと出品。 断捨離とは言ってるいるけれども生活費も稼がないといけない。 最近はよく練習する。 先日、たまたまツイッターで回ってきたAfro Blueの短い動画を見て脳のどこかが開き、やらねばと思いひたすら弾く。我ながらちょっと上手くなった気が。 インチキジャズ理論の執筆はとりあえず第5章

去年の暮れあたりからウェイン・ダールというスティール奏者にハマっていて、いろいろ研究している。 そもそもは、トラヴィス・トイの動画を漁ってる最中に偶然見つけた人なんだけど、E9でマイナースケールを多用してC6のようなプレイする人で、なんというかフレージングもかっこいいしピッキングのキレも凄まじくて、なんというか、、、見てもらった方が早いので動画を貼る。↓ https://www.youtube.c